【余計辛くなるよ】失恋後にやってはいけないNG行動5つ!

【余計辛くなるよ】失恋後にやってはいけないNG行動5つ!

失恋って辛いですよね。

 

わたしにも覚えがありますが、失恋直後って変な行動に走ってしまうこともしばしば。

今思い返すと『ちょっとイタいな』なんて思う事も、当時はやってたりします。

これやっちゃダメ|失恋直後にオススメしない行動

絶望

ということで、私が助言する『こんな行動しても辛くなるだけだからやめなよ』という振る舞いをご紹介しますね。

自分やパートナーを非難する

彼から想定外の別れを告げられて失恋になったケースでは、「もっともっとこうやっていれば良かった」「あの時あのようなことをしたから別れる事態になったんだ」という悔いから自己を責めてしまいます。

その他には「あのようなことをされても辛抱をしたのに」「ああいったことを言ってきた極悪の人だった」と昔の不愉快な想い出をしつこく引きずり出しては、知らないうちに被害者意識がこのまま激しくなっていくこともあるでしょう。

済んでしまった恋を振り返って後悔をしても、ご自分やパートナーを責めたとしても何一つ良い事がないのです。

 

やり場のない気持ちを知らず知らずに自身やこれまで相手に向けてしまう気分は痛いほど共感できます。

だけど、自虐的になったり根に持ってひたすらに相手を全否定したりといった行動は、あなたが持つキレイな魅力をムダにしてしまうようです。

お家に引きこもる

失恋したダメージから何に対しても気力が出ず、外出するのも億劫になり家に閉じ籠ってしまう人も少なくはないです。

しかしながら、ウチでたった独り閉じこもってしまえば、あれこれ要らないことまで思い悩んでしまい気持ちがさらに下がり泥沼状態にはまってしまいます。

 

何もやりたくないほどにツライことも、別れた後で周りの人にどんな顔をして会えばよいのか分からない感情もあることもうなずけます。

だとしても、ただ閉じ篭って誰にも会わずに思い悩んでいても、考えが良い方向へ行くわけではないです。

かえって次から次へと嫌な方向へと考えが進んでしまうだけです。

 

ちょっとずつでも良いんですから、用件以外のウォーキングや買い物などリフレッシュのお出掛けを行うようにしましょう。

フレッシュな外の空気を胸いっぱいに吸いこむだけでも心の中が安定するものですよ。

パートナーのSNSをウォッチする

「どう日々を過ごしているのか」「どこへ行ったのか」「誰と会っているのか」など、別れたあとにパートナーがどんな日々を過ごしているのかが気に掛かってFacebookやTwitterでむこうのことをウォッチしていませんか?

ネットでむこうを追い求めたところで何も良い事はありません。

それどころか、胸の内を掻き乱すような不利益な情報ができるだけです。

 

パートナーがネットにアップしているフォトから異性の影が感じ取れたら

お付き合いしていた頃の愚痴を言われたら

ショックを受けてネットでリサーチしているあなたとは違いさほどショックを受けていなさそうであったら

 

別れたパートナーがネットにアップしている情報には、あなたをさらに落ち込ませるものがたくさんあるのかもしれません。

ストーカーのような素行という危険を冒しながら、そういった情報を見て感情が嫌な方向に向かうなんてまさに何一つ良いことなしです。

 

パートナーのことが気に掛かる気持ちはうなずけますが、相手のSNSを覗くのはグッと辛抱しましょう。

ただ相手のことを引きずっていては、失恋からもなかなか立ち直れません。

 

どうにもSNSをご覧になってしまうという人は、いっそSNSでの関係を切ってしまうのも手ですよ。

別れた彼の悪口を友だちに言う

別れた彼と言っても、これまでにあなたが愛しまたあなたのことを愛してくれた人です。

失恋したらそのパートナーの悪態をつくということは、自分自身の価値を下げてしまうこともあります。

 

「あんな好きだった人のことも、サヨナラしたやいなやそんな風に悪く言うんだ」

「ひょっとして私も同じようなことを取りざたされているのかもしれない」

「裏表がありそうで心配だ」

 

別れたため元恋人について言えることがいろいろあるでしょう。

しかし、暴言を吐く人に惹きつけられる人がいるでしょうか。

ましてや、先日まで愛していた彼氏のことを別れたと思ったら直ぐに悪口ばかりを繰り返す人は言うまでもないですね。

 

また、別れた彼氏との共通する友だちに毒を吐いてしまえば、その友だちはどう感じるでしょうか。

あなたのことが大切なように、そのお友達にとって元恋人は大切な友達の1人なのです。

その友だちを悪く言うなんて嫌な気分になりますよね。

 

もっと言うなら、憎まれ口を叩いていることが別れた彼氏に伝わらないこともないのです。

もし悪口を誰かに話していることを、人を介して元彼氏にまで波及してしまえば……言うまでもなく復縁のチャンスはありませんし、最後の最後に最低の心象を植え付けてしまうのです。

そのイメージが次の恋愛を壊さない可能性も否定できませんよ。

 

未練がましく別れた恋人の悪口を言ってばかりでは、ダサく思われます。

いっそ「あの人と付き合えて楽しめたよ!」と潔く吹っ切れた方が、別れたパートナーや周囲の人に「良い女だなあ」と思わせられるものです。

SNSに失恋のポエムを連続投下

うさ晴らしのため、失恋した気持ちをSNSやブログにツラツラつぶやくことも好ましくはないです。

インターネット上に何かを発信する時には、周りからのリアクションが気に掛かりますよね。

しかし、失恋の内容に向けたあなたの辛い気持ちや悲しさを分かるからこそ、その書き込みを見たお友達や知り合いはレスポンスに頭を悩ましてしまうものです。

コメントやいいね!などのリアクションのしようがないというわけです。

 

そういった周りからの薄いリアクションで、さらに孤独感や辛い気持ちに拍車を掛けてしまうのです。

辛い感情を吐露したいのであれば、気を使わない友だちに直接会って話をしてください。

 

また、一度SNS上に流した話は、誰の目に触れているのかわからないです。

「あいつにはチェックされていないだろう」と掲載した内容が実は見られていた、または別れた相手に伝わるリスクもしっかりとあるのです。別れた競合者があなたのSNSを調べていることだってあるのではないでしょうか。

 

あなたの感情を吐き出したいのなら、ノートを買って日誌に思う存分ぶちまけてしまえばOKです。

簡単に思いの丈を綴ることができるSNSですが、それだけ安易に誰かの目にとまるということを覚えておいてください。

自分を客観的に見て!

もう1度まとめますね。

失恋直後にやらない方が良い行動は…

 

  1. 自分や元彼を責める
  2. 引きこもる
  3. 元彼のSNSチェック
  4. 元彼の悪口を元彼の友達にする
  5. イタい失恋ポエム

 

こんな感じです。

自分を客観的に見て、『ちょっとイタい人』になっていないか、冷静に考えたいですね。

 

あわせて読みたい

【使える】元彼との復縁のきっかけになるLINEアイデア3つ

【知りたくなかった】元彼が優しい3つの心理とは

元彼が普通に話しかけてくる理由【男の心理5つ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*